お得なクレジットカードの選び方
〜ポイント・マイルで得をする〜

一般的なクレジットカード
ここでは、JCBカードや三井住友VISAカードなどの、皆さんがすでにご存知の銀行系、信販系のクレジットカードのプロパーカードなどの一般的なクレジットカードを紹介したいと思います。

ほとんどのクレジットカードは銀行系、信販系のクレジットカード会社と提携してカードを発行しているので、銀行系、信販系のクレジットカードは最も基本的なクレジットカードなので、あんまり変なクレジットカードは使いたくないという安定志向?の人やカードを出す時に絵柄の入った提携カードを出すのは恥ずかしいという人にオススメのクレジットカードです。

また、アメリカやヨーロッパなどのカード社会では、クレジットカード=信用度ということで、アメリカンエキスプレスのゴールドカードを出したら対応がよくなったとか、提携カードを出したら怪訝な顔をされたというようなことがあるようです。

まあゴールドカードを利用していればいいのでしょうが、各カード会社のプロパーカードを利用している分には怪訝な顔をされることはないようです(#^.^#)

当然、アメリカンエキスプレスカードやダーナースクラブカードなら文句ありませんし、シティカードのプロパーカードも発行枚数世界1なので信用度が高いですし、JCBと三井住友VISAカードのプロパーカードも信用度が高いようです。

日本でもアメリカンエキスプレスカードやダーナースクラブカードや各カード会社のゴールドカードを利用している人などはカードを出す時などは何気にハナ高々だと思います(o^^o)

これらのカードはすでにお持ちの方も多いと思いますが、付帯保険の内容や、付帯サービスの内容がイマイチよくわからないという人もいると思いますので、各カードの付帯保険や付帯サービスも紹介しているので、すでにこれらのカードを持っている人は、カードの内容を再確認してみることをオススメします。

これらのクレジットカードのポイントの付き方や付帯保険、付帯サービスの比較もしていますので、これらのクレジットカードを作ろうと思っている人は、「一般的なクレジットカードの比較」を見てみて下さい。

また、学生の方(高校生を除く18歳以上の学生)は在学期間中は年会費無料でカードを作れるので(未成年者の方は親権者の方の同意が必要)年会費無料でポイントが稼げますし、女性の方は女性専用のカードなら女性向けのサービスが充実しているカードを発行している会社もあります。

*紹介しているカードはレギュラーカードで、年会費はレギュラーカードの年会費で税込みの金額です。


お得なクレジットカードの選び方>一般>




一般的なクレジットカード
カード名 特徴
■JCBカード(詳細) 日本発唯一の国際カードで、海外旅行の時に役に立つサービスが充実していますし、貯めたポイントもいろいろなポイントに交換できます。
■さくらカード(詳細) JCBカードと機能やポイントプログラムはまったく同じですが、入会キャンペーンをよく行っています。
■三井住友VISAカード(詳細) 「マイルやポイントをひとつの口座に!」で紹介している「Gポイント」などにポイントの交換ができるので、ポイントはいろいろ使えます。
■アメリカンエキスプレスカード(詳細) ステイタスが高く、セレブご用達のクレジットカードです。
■ダイナースクラブカード(詳細) 世界で最初に生まれたクレジットカードで、企業経営者やエグゼクティブの会員が多いです。
■シティカード(詳細) ポイントの有効期限がありません。
■ライフカード(詳細) 新規入会特典、お誕生日ポイント、E-mailポイントなどのボーナスポイントが充実しています。
■二コスカード(詳細) オンライン取引きでの不正利用による損害を補償してくれる「NICOSネットセーフティサービス」などが付いていて、付帯保険が充実しています。
■オリコカード(詳細) カードの利用金額により翌年のポイント還元率がUPします。
■DCカード(詳細) プロバイダーの料金が最高で60%キャッシュバックされる「DCキャッシュバックサービス」もあります。
■UFJカード(詳細) 入会後6ヶ月間は2倍のポイントが付きますし、カードの利用金額により翌年のポイント還元率がUPします。
■JACCSカード(詳細) 貯めたポイントは「Jデポ」に交換するとお得です。
■アプラスカード(詳細) 250ポイントからギフトカードと交換できるのが魅力です。
■UCカード(詳細) ハローキティーカードがオススメです。
■セントラルファイナンスカード(詳細) 100ポイント貯まればギフトカードと交換できます。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
JCBカード 1312円(初年度無料)
家族カード 420円
1ポイント=5円 200ポイント
JCBは日本発唯一の国際カードで国内会員数NO1です!

また、東京ディズニーランド・ディズニーシーの公認カードなので、JCBカードがあれば東京ディズニーランド・ディズニーシーのチケット・買い物・食事もサインなしで利用できます(^-^)/

■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付きます。

12月16日〜翌年12月15日までの1年間のカードの利用金額により翌年のカードの利用で付くポイントがUPする「JCB STAR MENBERS」というものがあり、カードの利用金額が1年間で50万円以上100万円未満の場合は「スターβ」となり、次年度は通常のカードの利用の1.2倍のポイントが付き、カードの利用金額が1年間で100万円以上300万円未満の場合は「スターα」となり、次年度は通常のカードの利用の1.5倍のポイントが付きます。

また、「アンケートに答えてポイントを貯める」で紹介している「mp@ck」や、「広告メールを受信してポイントを貯める」で紹介している「CMサイト」で貯めたポイントをOkiDokiポイントに交換することもできるので、OkiDokiポイントを貯めたい人はこれらのサイトに会員登録してポイントを貯めると、さらにOkiDokiポイントを貯めることができます(^-^)/

■ポイントの使い方
貯まったポイントは、「OkiDokiポイントプログラム」を利用して1000ポイントで5000円分のJCBギフトカードなどと交換できますし、JALやノースウェスト航空のマイルやビックカメラのビックポイント、ClubDoCoMoのドコモポイント、千趣会のベルメゾン・マイレージなどにも交換できたり、日本テレコムのポイントに交換することができるなど
ポイントの交換サービスが充実しています

東京ディズニーランドのオフィシャルカードだけあって、2000ポイントでペアパスポート、10000ポイントで年間パスポートと交換できたり、200ポイントからディズニーグッズと交換できたりとディズニー好きな人にJCBカードはオススメです(^-^)/

また、200ポイントからキャッシュバック(カード利用額と相殺)もできるのですがキャッシュバックの時には1ポイント=3円計算になります。

■ポイントの有効期限 獲得月から2年間

■付帯サービス
世界主要都市に広がる、JCB会員専用の海外サービスラウンジで、JCB加盟店やJCBカードの利用に関する現地情報を、現地在住のJCBプラザ専任スタッフが日本語で案内してくれる「JCBプラザ」、銀行や両替所に行かなくても指定した住所に外貨を届けてくれる「JCB外貨問屋」、海外旅行中の不慮の事故やケガ、病気で困った時、電話1本で医師または看護師による医療相談が日本語で利用できる「JCBメディカルホットライン」、JCBおすすめの海外加盟店を地域別に紹介した「JCBショッピング&ダイニングパスポート」も無料で貰えるなど、海外旅行の時に役に立つサービスが多いです。

さすが、日本発唯一の国際カードです(^-^)/

また、空港周辺のパーキングが最大で50%割引になる「空港優待パーキングサービス」、カードを見せるだけで映画料金が200〜300円割引になったり、カード見せるだけでレジャー施設が割引にもなります。

「JCBオンラインチケットセンター」や「JCB国際航空券・海外ホテル、インターネット予約サービス」、「JCB国内宿泊オンライン予約サービス」レストランのクーポン券が貰える「JCB Walkerグルメ」などもあります。

■付帯保険
最高100万円の海外でのショッピング保険が付いて、カードの紛失・盗難の場合、届出日の60日前にさかのぼり、それ以降の損害額が補償されます。

ゴールドカードには最高1000万円の犯罪被害傷害保険、5万円の空き巣被害見舞金も付いています。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
さくらカード 1312円(初年度無料)
家族カード 420円
1ポイント=5円 1000ポイント
さくらカードは三井住友銀行系のカード会社で、JCBカードを専業で扱っている会社です。

カードの機能やポイントサービスはJCBカードとまったく同じなのですが、さくらカードの特徴は入会キャンペーンをよく行っているので、JCBカードを作ろうと思っている人はさくらカードで入会キャンペーンを行っているカードはさくらカードで作ったほうがお得です(^-^)/

■入会キャンペーン情報
「ネットdeウェルカムプレゼント」を行っていて、入会後3ヶ月は5倍のOkiDokiポイントが付き、さらに30人に1人の割合で任天堂「Wii」が当たります。

入会後3ヶ月は5倍のOkiDokiポイントが付く「ネットde入会キャンペーン」の対象になっているカードは、「JCB一般カード」「JCBゴールドカード」「JCB LINDA」「JCB E.GO」などが対象になっているので、これらのカードを作ろうと思っている人はさくらカードを作ったほうがお得だと思います。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
三井住友VISAカード 1312円(初年度無料)
家族カード 
1人目無料、
2人目から420円
1ポイント=5円 200ポイント
VISAカードといえば「三井住友VISAカード」を思い出す人も多いと思います。

それもそのはず、日本で最初にVISAのライセンスを得たのが住友銀行なのです。

VISAといえばやっぱり三井住友VISAカードです(^-^)/

また、ユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルカードなので、入場チケットからパーク内のあらゆる施設がカード1枚で利用できます。

■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付きますし、プレミアムポイント加盟店でカードを利用すれば最大で20倍のポイントが貰えますし、ぐるなびらくらく幹事さんを利用すると4倍のポイントが貰えます。

年間100万円以上の利用があると200ポイントのボーナスポイントが貰えます。
(ボーナスポイントはANAのマイルに交換することはできませんのでANAのマイルに交換したい人は注意してください)

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「ワールドプレゼント」を利用して、1000ポイントでVISAギフトカード5000円分などと交換できますし、200ポイント貯まれば、ANAのマイルやドコモポイント、auポイント、ビックカメラのビックポイント、千趣会のベルメゾンマイレージ、楽天スーパーポイント、電子マネー「Edy」などに交換できます。

キャッシュバック(カード利用額と相殺)もできるのですが、キャッシュバックの時には1ポイント=3円計算になります

また、貯まったポイントは「マイルやポイントをひとつの口座に!」で紹介している「Gポイント」のポイントに交換できるので、いろいろな企業のポイントに交換することもできますし、「Gポイント」のポイントをカードのポイントに交換できるなど
ポイントの交換サービスが充実しています。

また、「サンクスポイントバック」が始まったので、賞品と交換したポイントもすべて合算して計算した累計ポイントに対して、ボーナスポイントが貰えます。

オンラインでカードに入会すれば初年度の年会費が無料になります(ゴールド、エグゼクティブカードは半額)

■ポイントの有効期限 獲得月から2年間

■付帯サービス
海外旅行中の不慮のケガや病気による医療施設への緊急移送などに対応してくれて、24時間いつでも日本語で対応してくれる「緊急医療アシスタントサービス」、海外での日本人医師による無料電話相談サービスの「ドクターホットライン」、世界各地の観光に役立つ情報やサービスを日本語で案内してくれる「VISAジャパンデスク」、全国18の空港でラウンジが無料で利用できる「空港ラウンジサービス」(ゴールド・プラチナ会員のみ)などがあります。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険(レギュラーカードは事前に旅費などを支払うことが条件)、最高100万円のお買い物安心保険(海外での利用および国内でのリボ払い、分割払いが対象)、カードの紛失・盗難の場合、届出日の60日前にさかのぼり、それ以降の損害額が補償される「三井住友カード会員保障制度」が付いています。

三井住友VISAカードの海外旅行傷害保険の詳細は「付帯海外旅行保険の比較」を見て下さい。

女性専用カード「アミティエ」なら同様のサービス+最高2000万円の国内旅行傷害保険が付いてますし、学生の方は、年会費無料で同様のサービスが受けられる「三井住友VISAクラシックカード(学生)」が作れます(海外旅行傷害保険は旅費の支払いが必要)




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
アメリカン・エキスプレス・カード 12600円
家族カード 6300円
2ポイント=1円 1000ポイント
セレブご用達のステイタスの高さが魅力で、クレジットカードの世界シュアNO.3のアメリカエキスプレスカードです。
私の友人も持っていたのですが、やっぱりなんか格好よかったです(#^.^#)

■ポイントの付き方
100円の利用で1ポイント付きますし、「ボーナスポイントパートナーズ」での利用では2倍のポイントが付きます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは、「メンバーシップリワード」を利用して1000ポイントからメンバーシップ・トラベル・サービス旅行券500円分などと交換できるのですが、ほかのカード会社のようにどこでも使える商品券などはありませんし、キャッシュバックもできませんが、「トラベラーズ特典」を利用すれば1000ポイントをJAL、ANA、エールフランスなどの航空会社9社のマイル1000マイルに交換することができますし、ヒルトン・ホテルズ・ワールドワイド、スターウッドホテル&リゾート、インターコンチネンタル・ホテルズ・グループのポイントと交換することができます。

トラベラーズ特典は年間3150円の参加登録費がかかりますが、アメリカンエキスプレスを持つようなセレブは、海外にもよく行くでしょうから、トラベラーズ特典を利用してポイントを使ったほうがいいと思います。

また、トラベラーズ特典に登録をするとポイントの有効期限が無期限になります。

■ポイントの有効期限
最長3年ですが、1度ポイントを交換すると無期限になります。

■付帯サービス
成田空港、関西国際空港で出発時は駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札口やバス停まで荷物を運んでくれる「無料ポーターサービス」や成田空港、関西国際空港、中部国際空港で帰国時にカード会員1名につきスーツケース1つを無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」や国内9ヶ所(新千歳、羽田第1、羽田第2、成田第1、成田第2、中部国際、大阪伊丹、関西国際、福岡)、海外2ヵ所(ハワイ・ホノルル、ソウル・仁川国際)の空港ラウンジを無料で利用できる「空港ラウンジ」などがあり、海外旅行時のサービスがかなり充実していて、「ストレスフリートラベル」を主張しているだけあります(^-^)/

全国1,100以上のゴルフ場及び海外(ハワイ・グアム・サイパン)のゴルフ場の予約が無料でできる「ゴルフ・デスク」、海外でのレストランの予約や医療機関の紹介を日本語で世界中のほとんどの国から24時間通話料無料で利用できる「グローバルホットライン」、1年間で50万円以上のカードの利用があると、メンバーシップ・トラベル・サービスで利用できる1年間有効のトラベル・バリュー・ギフトが貰える「トラベル・バリュー・ギフト」などもあります。

■付帯保険
最高で5000万円の海外・国内旅行傷害保険、最高300万円の傷害治療費用、疾病治療費用、最高400万円の救援者費用、最高4000万円の賠償責任、最高50万円の携行品補償、ネット上での不正使用による損害を全額補償してくれる「オンラインプロテクション」、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高500万円まで補償してくれる「ショッピングプロテクション」万一返品できない場合でも購入から90日間、アメリカン・エキスプレスが責任を持って返品を受け付けてくれる「リターンプロテクション」など、さすがの補償内容です(o^^o)

■お得情報
年会費3150円の《セゾン》・アメリカ ン・エキスプレスカードなら、最高で3000万円の海外・国内旅行傷害保険、最高300万円の傷害治療費用、疾病治療費用、最高200万円の救援者費用、最高3000万円の賠償責任、最高30万円の携行品補償、ネット上での不正使用による損害を全額補償してくれる「オンラインプロテクション」、破損・盗難などの損害を購入日から120日間、年間最高100万円まで補償してくれる「ショッピングプロテクション」が付いていますし、セゾンカードと同様にカードの利用で永久不滅ポイントが貯まりますし、海外でのカードの利用では2倍のポイントが付くので、アメリカンエキスプレスカードを持ちたいけど年会費は高いし、ポイントの使い道もあんまりないし・・・と思っている人には《セゾン》・アメリカ ン・エキスプレスカードがオススメです(^-^)/




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
ダイナースクラブカード 15750円
家族カード 5250円
1ポイント=50円 80ポイント
クレジットカードの元祖で、旅行関係の付帯サービスがかなりお得なダイナースクラブカードです。

■ポイントの付き方
10000円の利用で1ポイント付きます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「クラブポイントプレゼント」を利用して、80ポイントから賞品と交換でき、100ポイントでスターバックカード5000円分と交換できますし、200ポイントでダイナースクラブの商品券「ロイヤルチェック」10000円分と交換することもできます。

また、「ダイナースグローバルマイレージ」を利用すれば、10ポイントを、ANA、アメリカン航空、アシアナ航空、アリタリア航空、コンチネンタル航空、ノースウェスト航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空のマイル1000マイルに交換することができます。(年間参加料4200円がかかります)

■ポイントの有効期限
ナシ

■付帯サービス
東京を中心とした飲食店で、割引や食前酒サービスなどが適用になる優待券が利用できる「レストラン・ベネフィットクーポン」、宿泊料金やスウィートルームの料金が最高で半額に割引される「宿泊優待券」や、「スウィートルーム優待券」、ホテル内のレストランが割引される「レストラン優待券」が利用できる「国内クラブホテルズ」、海外の一流ホテルをダイナースクラブ会員特別割引料金で利用できる「海外クラブホテルズ」、全国の優良旅館・リゾートホテルを、会員特別価格で利用できる「ダイナース 旅の宿 宿泊優待券」、海外国内のパッケージツアーが最大5%割引になる「トラベルデスク」、世界50空港以上にある会員用エアポートラウンジが利用できる「クラブラウンジ」、海外旅行中に病気やけがに24時間・年中無休でサポートしてくれる、「エマージェンシー・アシスタンス」などがあり、旅行関係のサービスがかなり充実しています(^-^)/

特に、「国内クラブホテルズ」の「宿泊優待券」、「スウィートルーム優待券」を1回でも利用すれば、あっという間に年会費の元がとれるどころか何万円もお得になってしまいます(^-^)/

■付帯保険
最高で1億円の海外・国内旅行傷害保険、最高200万円の傷害治療費用、疾病治療費用、最高300万円の救援者費用、最高1億円の賠償責任、最高50万円の携行品補償、購入日から90日以内に、壊れた場合、盗まれた場合などに、会員一人あたり年間で500万円まで補償されるショッピングリカバリーが付いていて、アメリカンエキスプレスカード同様に付帯保険も充実しています。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
シティカード 3150円
家族カード 1575円
2ポイント=1円 4000ポイント
■ポイントの付き方
100円の利用で1ポイント付きます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「シティポイントバンク」を利用して、4000ポイントで2000円分キャッシュバック(カード利用額と相殺)できます。

■ポイントの有効期限
ナシ

■付帯サービス
ウェンスティンやシェラトンやヒルトンなどの世界に名だたるホテルが割引で宿泊できる「海外ホテルプラン」、日本の300箇所以上のホテルが割引で宿泊できる「国内ホテルプラン」、海外パッケージツアーが3〜5%割引になる「海外パッケージツアー割引」、国内パッケージツアーが3〜5%割引になる「国内パッケージツアー割引」、アストン ホテルズ&リゾートのコンドミニアム、ホテル(ハワイ4島 30ヶ所以上) が会員特別料金で利用できる「アストンホテルズ優待」、などがあるのですが、ゴールドカードな、りんくうタウン公共駐車場が10%割引になる「空港パーキング優待サービス」
トラベラーズチェックが年間30万円まで発行手数料が無料になる「トラベラーズチェックサービス」、日本国内18空港22箇所の空港ラウンジが無料で利用できる「空港ラウンジサービス」などを利用できます。
ちなみにゴールドカードは、カード入会後3ヶ月以内に1万円以上のカードの利用があれば初年度の年会費が無料になります。

シティカードの海外サービスの詳細はこちら、国内サービスの詳細はこちらを見て下さい。

■付帯保険
最高で3000万円の海外・国内旅行傷害保険、最高100万円の傷害・疾病治療費用、最高30万円の携行品損害、最高50万円の救援者費用の付いた「シティアシスト」、商品の購入から90日以内の破損、盗難が最高200万円まで補償される「バイヤーズプロテクション」、インターネットや、国内、海外でのショッピングで、不正にカードが利用された場合に補償される「ショッピングセキュリティ」が付いています。

年会費12600円のゴールドカードなら、1億円の海外・国内旅行傷害保険が付くなど、さらに付帯保険が充実します。

■お得情報
カードの利用でノースウェスト航空のマイルを貯めることができる、「ノースウエスト/シティ ワールドパークスVISAカード」 、年会費が無料で最高1000万円の海外・国内旅行傷害保険の付いた「シティクリアカード」 もありますし、学生の方は、年会費1000円で最高2000万円の海外・国内旅行傷害保険、最高100万円までの購入品損害補償が付いた 「シティ Student カード」 が作れます。

女性の方は、年会費6000円で貯まったポイントを無駄なく旅行代金の一部にできるなどの特典の付いた「シティ エリート」が作れます。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
ライフカード 1312円(初年度無料) 1ポイント≒6.6円 480ポイント
オダギリジョーの「カードの切り方が人生だ」のCMでおなじみのライフカードです。

■ポイントの付き方
ライフカードは、カードの利用1000円で1.0ポイント付くので、実際にはカードの利用100円で0.1ポイント付くことになります。

また、1年間のカードの利用金額10万円以上で50ポイント、30万円以上で100ポイント、50万円以上でさらに100ポイント、100万円以上でさらに200ポイントのボーナスポイントが貰えるほかに、
■新規入会特典
新規入会で50ポイント貰え、新規入会後の3ヶ月間はカードの利用金額1000円で2.0ポイントと2倍のポイントが付きます。
■お誕生日ポイント
誕生日の月は、カード利用金額1000円で5.0ポイントと5倍のポイントが付きます。
■E-mailポイント
カード利用代金の明細をE-mailで知らせてくれる「ご利用代金E-mail送付サービス」に登録すると、明細が送られてくるたびに10ポイント貰えます。
■リボ・分割ポイント
1回の利用金額1万円以上で「リボ払い」もしくは「3回以上の分割払い」をすると、支払い回数×20ポイントのボーナスポイントが貰えます。

以上のようにいろいろなボーナスポイントがあり、
かなりボーナスポイントが充実しています(^-^)/

特に「お誕生日ポイント」は通常の5倍のポイントが付くので、上手に利用してポイントを稼ぎましょう(^-^)/

■ポイントの使い方
貯まったポイントは、「LIFE サンクス プレゼント」を利用して、480ポイントでJCBギフトカード3000円分か図書券3000円分と交換できますし、750ポイント貯めればJCBギフトカード5000円分か図書券5000円分と交換できるので、750ポイント貯めてJCBギフトカードか図書券と交換した場合は、1ポイントあたりの単価が約6.6円になるので、750ポイント貯めてからJCBギフトカードか図書券と交換したほうがいいと思います。

■ポイントの有効期限
カード入会月の翌月の1日から1年間で貯めたポイントが、2年目は自動的に繰り越され、3年目以降は電話で繰り越して続きをすれば最高で3年繰り越すことができるので、最大で5年間とポイントの有効期限が長いです。

■付帯サービス
Sマークの掲示されている全国25.000店のグルメ&アミューズメントスポット、宿泊施設などで20%〜30% OFFの優待利用が受けられる「ライフチェックメイト」(年会費1050円)や、トヨタレンタカーなどのレンタカーの料金が5%割引になる「レンタカー割引サービス」、日本マンパワーの通信講座が割引になる「通信講座割引受講サービス」、「個人輸入代行サービス」などがあります。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険、届出から60日前以降に他人に不正使用された損害金が支払われるカード会員保障制度が自動付帯されていて、カード入会2年目以降は航空券・ツアー料金・宿泊料金をカードで支払えば、1000万円の国内旅行障害保険や200万円のシートベルト保険も付きます。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
二コスカード 1312円(初年度無料)
家族カード 無料
1ポイント=5円 1000ポイント
■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付きますし、年間30万以上の利用で90ポイント、以降10万円ごとに30ポイントのボーナスポイントが貰えます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは、「NICOSわいわいプレゼント」を利用して1000ポイントでNICOSギフトカード5000円分と交換できますし、JALのマイルやClubDoCoMoのドコモポイントに交換することもできます。


■ポイントの有効期限

ポイントの有効期限は2月〜翌年の1月までの利用金額明細書に掲載されているポイントが7/1〜翌年の2月末日まで賞品と交換することができますが、累計200ポイント以上貯まれば1年間延長されるので、1月までに貯めたポイントが翌年の2月末日まで有効なので最大で2年間ということになります。

■付帯サービス
旅行のときに空港のお店で利用できる「エアポートサービスご優待クーポン」、電話一本で海外のパッケージツアーが5〜3%割引になる得になる「海外パッケージツアー割引サービス」などがあります。

ニコスカードの付帯サービスの詳細はこちらを、旅行関連の付帯サービスの詳細はこちらを見て下さい。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険、年間最高100万円のショッピング保険(海外での利用および国内での分割、リボ払いが対象)、届出前60日、届出後の60日の間に他人に不正使用された損害金が支払われる「カード盗難保険サービス」、オンライン取引きでの不正利用による損害を補償してくれる「NICOSネットセーフティサービス」などが付いています。

ニコスカードの付帯保険の詳細は、こちらを見て下さい。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
オリコカード 1312円(初年度無料)
家族カード 無料
1ポイント=5円 400ポイント
「思った以上にポイントが還ってくる」でおなじみのオリコカードです。

■ポイントの付き方
カードの利用1000円で1ポイント付き、1000円以上の利用件数ごとにさらに1ポイント付きます。

また、ボーナスポイントとして1年間のカードの利用金額により次の1年間で付くポイントが変わり、1年間のカードの利用10万円以上で20%、30万円以上で50%、60万円以上で100%、120万円以上で150%のポイントが翌年のカードの利用ではプラスされます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「暮らスマイル」を利用すれば、1000ポイントで全国デパート共通商品券・UCギフト券・図書カード5000円分などと交換できますし、400ポイント貯まればJALのマイルやドコモプレミアクラブのポイント、楽天スーパーポイントに交換することもできます。

■ポイントの有効期限
誕生月の翌月から2回目の誕生月の末日まで有効なので、カードの発行月と誕生月によりそれぞれ異なるので、13〜24ヶ月ということになります。

■付帯サービス
「オリコチケットサービス」やパッケージツアーが3〜7%割引になる「オリコパッケージツアー割引サービス」、などがあります。

オリコカードの付帯サービスの詳細は、こちらを見て下さい。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保障制度、最高1000万円の国内旅行傷害保障制度、最高200万円のシートベルト保障制度届出日の60日前までに他人に不正使用された損害金が支払われる紛失・盗難保障制度が付いていて付帯保険が充実しています(^-^)/

オリコカードの付帯保険の詳細は、こちらを見て下さい。

■お得情報
「Oricoスタート・プレゼント」では、入会後の5ヶ月間にかぎり1ヶ月間のカードのショッピング利用5000円につき1点のシールが貰え、5点以上貯まれば1000円分の商品券が貰えます(最高25点5000円分の商品券まで)



カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
DCカード 1312円(初年度無料)
家族カード 420円
1ポイント=5円 600ポイント
中井貴一とカッパのCMでおなじみのDCカードです。

■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付きます。

また、「DCキャッシュバックサービス」を利用すれば、月の利用額2万円以上で携帯電話の料金、プロバイダーの料金が最高60%OFFになります(^-^)/

ただし、「DCキャッシュバックサービス」を選択するとDCハッピーポイントは付きませんので注意してください。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「DCハッピープレゼント」を利用すれば、600ポイントでDCギフトカード3000円分と交換できますし、ノースウェスト航空のマイルや、ClubDoCoMoのドコモポイント、楽天市場の楽天スーパーポイント、@niftyのアットニフティポイントなどに交換できる他、「マイルやポイントをひとつの口座に!」で紹介している「ネットマイル」のマイルにも交換できるのでいろいろな企業のポイントに交換することができます。

■ポイントの有効期限
4月〜翌年の3月の利用金額明細書に掲載されているポイントが翌年の3月末日まで賞品と交換できるのですが、累計200ポイント以上貯まれば最長で2年間繰越されますので、翌年の3月までに貯めたポイントが翌々年の3月末日まで有効なので最大で2年間ということになります。

■付帯サービス
全国のホテル・旅館・映画館・遊園地・スポーツ施設・スキー場・レンタカー・カルチャースクール・自動車学校などが、DC会員ならではの優待割引料金で利用できる「DC割引優待サービス」、全国の東急ホテルズの宿泊料金(税込、飲食料金は対象外)が、事前にチケットを購入すると20%割引になる「東急ホテルズチケット20」や年会費が3150円かかりますが映画好きの人にオススメな「DCシネマクラブ」、年会費3000円(家族=配偶者のみ無料)の「DCゴールドカードヴァン」、年会費10000円(家族=1人目無料2人目移行1000円)の「DCゴールドカード」ならプリンスホテルや帝国ホテルが最大で66%オフになる「DCホテル優待クーポン」があります。

■付帯保険
カードの紛失・盗難の場合、届出日の60日前にさかのぼり、それ以降の損害額が補償されます。

一般カードは、海外旅行傷害保険は付いていませんが、年会費1575円(家族=577円)の「DCカードニューズ」なら最高2000万円の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険、最高年間100万円のショッピングセイバーが付きます。

DCカードの海外旅行保険の詳細はこちら、国内旅行保険の詳細はこちらを見て下さい。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
UFJカード 1312円(初年度無料)
家族カード 420円
1ポイント=5円 1000ポイント
■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付き、 提携カードでJCBを選ぶと「OkiDokiポイントプログラム」のポイントが貯まり、「VISA」、「MasterCard」を選ぶと「スマイルポイントプレゼント」のポイントが貯まります。

1年間のカードの利用金額が100万円以上の場合、翌年は1.5倍のポイントが付き、カードの利用金額が50〜100万円未満の場合は翌年は1.2倍のポイントが付きます。

入会ボーナス特典として入会後の6ヶ月間はカードの利用で付くポイントが2倍になり、カード入会後6ヶ月以内にカードの利用が2万円以上あると入会ボーナスポイント100ポイントが貰え、携帯電話の料金やガスや電気などの公共料金の支払いをUFJカードで支払うようにすると100ポイント貰え、請求金額や利用明細やポイントの明細などがインターネットで照会できるインターネット総合サービスに登録すると100ポイント貰えます。

■ポイントの使い方
1000ポイントでUFJギフトカード5000円分などと交換できます。

■ポイントの有効期限
11月〜翌年の10月までの利用金額明細書に掲載されているポイントが翌々年の10/31まで有効なので約2年間です。

■付帯サービス
日本全国の20000店のレストラン、ホテル、レジャー施設が加盟している「クラスA」で5〜20%の割引が受けらる「クラスA」、UFJカードのグルメ加盟店で割引が受けられるクーポン券が貰える「Web Life Clubグルメクーポン」などがあります。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険、年間最高100万円までのショッピング保険が付いてます。(海外旅行傷害保険は、航空券やツアー旅行などの料金のカードでの支払いが必要です)




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
JACCSカード 1312円
家族カード 420円
1ポイント=5円 400ポイント
■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付き、累計200ポイント毎に50ポイントのボーナスポイントが付きます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「ラブリィプレゼント」を利用すれば、400ポイントでギフトカード2000円分と交換できます。

また、400ポイントでキャッシュバック(カード利用額と相殺)できる「Jデポ」2200円分か、携帯電話の支払い専用の「Jデポ」2400円分と交換できるので、ギフトカードと交換するより「Jデポ」と交換したほうがお得です(^-^)/
「マイルもポイントもひとつの口座に!」で紹介している「Gポイント」に参加しているので、貯まったポイントをいろいろな企業のポイントに交換することもできます。

■ポイントの有効期限
7月〜翌年の6月までの利用金額明細書に載っているポイントが12/1〜翌年の7/31まで賞品と交換することができるのですが、累計200ポイント以上貯まれば1年間延長されるので、6月までに貯めたポイントは翌年の7/31まで有効なので最大で2年間ということになります。

■付帯サービス
電話の注文で全国のどこにでも花を送れる「フラワーサービス」や、アート引越しセンターの料金が10%割引になる「引越しサービス」、全国のホテル・旅館・レジャー施設などが、ジャックスカード会員ならではの優待割引料金で利用できる「優待割引施設」などがあります。

JACCSカードのサービスの詳細は、こちらを見て下さい。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険、最高1000万円の国内旅行傷害保険、最高200万円のシートベルト保険が付いています。

■お得情報
女性向けで、初年度年会費無料の「Mermaidカード」、学生の方は年会費無料で同様のサービスが受けられる「CAMPUS LIFEカード」があります。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
アプラスカード 1312円 1ポイント=4円 250ポイント
■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付きます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは、「とっておきプレゼント」を利用すれば250ポイントでアプラスギフトカード1000円分などと交換できますしClubDoCoMoのドコモポイントに交換もできます。

1ポイント=4円と1ポイントの単価は低いのですが、ポイントとギフトカードを交換できる設定が低いのが魅力です。

■ポイントの単価 1ポイント=4円

■ポイントの有効期限
4月〜翌年の3月までの利用金額明細書に掲載されているポイントが、5/1〜翌年の4/30まで賞品と交換することができますが、累計100ポイント以上貯まれば1年間延長されますので、3月までに貯めたポイントが翌年の4/30まで有効なので最大で2年間ということになります。

■付帯サービス
海外旅行の時に役に立つ「アプラスワールドデスク」や、日本全国の20000店のレストラン、ホテル、レジャー施設が加盟している「クラスA」で5〜20%の割引が受けらる「クラスA」(classAのマークが付いているカードのみ)、カーコンビニクラブの「カーレスキュー70ロードサービス」も利用できます。

■付帯保険
最高1000万円の海外・国内旅行傷害保険、カード盗難保険が付いてます。

アプラスカードの旅行傷害保険の詳細はこちらを見て下さい。




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
UCカード 1312円
家族カード 420円
1ポイント=5円 200ポイント
■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付きます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは「UC永久不滅ポイント」を利用すれば、1000ポイントでUCギフトカード5000円分などと交換できますし、200ポイント貯まればJALのマイルやドコモやauのポイントなどに交換することもできます。

■ポイントの有効期限
ナシ

■付帯サービス
「日本マンパワー」の通信講座が割引で受講できる「UC通信教育サービス」、一流メーカーのパソコンから家電製品、さらには海外の有名ブランド品、アクセサリーを最大60%OFF(一部除外品あり)のメンバーズ・プライスで購入できる「UCショッピング倶楽部」などがあります。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険、最高100万円のUCショッピング補償保険、カード盗難保険が付いています。

UCカードの海外旅行傷害保険の詳細はこちらを見て下さい。

■お得情報
「ハローキティーカード」はかなりかわいいです(#^.^#)




カード名 年会費  ポイントの単価 最低ポイント交換数
セディナカード 1312円
家族カード 420円
1ポイント=5円 100ポイント
セントラルファイナンスから社名を変更したセディナカードです。

■ポイントの付き方
1000円の利用で1ポイント付き、1年間のカード
利用金額30万円になると30%のポイントがプラスされ、1年間のカード利用金額70万円になると50%のポイントがプラスされ、1年間のカード利用金額200万円になると100%のポイントがプラスされますし、誕生日月の利用では、1000円の利用で2ポイントと2倍のポイントが貰えます。

1年間のポイントの獲得数の集計期間は支払日により異なり、6日払いの場合は毎年5月から翌年4月までの請求分、26日払いの場合は毎年4月から翌年3月までの請求分が集計期間になるのですが、集計期間中であってもカードの利用金額が30万円や70万円になった場合は、翌月から30%・50%のポイントがプラスされます。

■ポイントの使い方
貯まったポイントは、「ワンダフルプレゼント21」を利用すれば100ポイントでQUO500円分や図書カード500円分などと交換できますし、ClubDoCoMoのポイントやJALのマイル、コスモ石油のマイルに交換することもできます。

■ポイントの有効期限
最大3年です。

■付帯サービス
全国のホテル、旅館、映画館などが割引で利用できる「CF優待割引施設」などがあります。

■付帯保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険、最高1000万円の国内旅行傷害保険、年間最高150万円までのショッピングガード保険、届出から60日前以降に他人に不正使用された損害金が支払われるカード会員保障制度が付いています。




SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO