お得なクレジットカードの選び方
〜ポイント・マイルで得をする〜

■サブカードの選び方
サブカードとは、メインに利用するクレジットカード以外に利用するクレジットカードのことなのですが、メインカード1枚しかカードを持っていない場合、旅行や車検など大きな出費が重なった場合、カードの利用限度額を超えてしまい、カードを利用できなくなる場合も出てきます。

カード会社に電話をして一時的にカードの利用金額を増額してもらうこともできますが、サブカードを持っていればなお安心ですし、カードを持っているだけでタダで海外旅行保険を利用できたり、カード見せるだけで買い物が割り引きになったりするカードもあるので、このようなカードをサブカードとして利用することでメインカード1枚だけを利用するよりお得になるので、サブカードも利用してお得にクレジットカードを使いましょう(^-^)/

■メインに使っているクレジットカードによってサブカードの選び方が変わる

まずサブカードの選び方の前に覚えておいてほしいことがあります。

私はクレジットカードには「ポイントタイプ」と「キャッシュバックタイプ」の2種類のクレジットカードがあると考えています。

「ポイントタイプ」とはクレジットカードの利用によりポイントが貯まるクレジットカードで、ほとんどのクレジットカードはこの「ポイントタイプ」で、「キャッシュバックタイプ」とはクレジットカードの利用金額により携帯電話の通話料金やプロバイダー料金、ガソリン代などがキャッシュバックされるクレジットカードで、K−Powerカード、DCカード(キャッシュバックコース)、JCBドライバーズプラスカードなどで、サブカードを選ぶ時、メインに利用しているクレジットカードがどちらのタイプかでサブカードの選び方が変わってきます。

「ほとんどのクレジットカードが「ポイントタイプ」なら「キャッシュバックタイプ」のサブカードの選び方なんか必要ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、この「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードは、各クレジットカードの比較のページを見てもらえればわかると思うのですが、お得になる金額が高いお得なクレジットカードが多いので、「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードをメインカードに選ぶ人も多いと思うので、「ポイントタイプ」のクレジットカードをメインカードとして利用している場合と「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードをメインカードとして利用している場合のサブカードの選び方が必要なのです。

では、「ポイントタイプ」と「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードをメインカードに利用している場合のサブカードの選び方なのですが、「ポイントタイプ」をメインカードとして利用している場合は、ポイントの還元率の高いカードを利用していると思うのですが、ポイントの還元率の高いクレジットカードでも、カードの利用すべてでポイントの還元率の高いクレジットカードと特定のお店などで買い物をした場合にポイントの還元率が高いクレジットカードがあるのですが、カードの利用すべてでポイントの還元率の高いクレジットカードでも、特定のお店などで買い物をした場合にポイントの還元率が高いクレジットカードよりポイントの還元率が低い場合があるので、特定のお店などで買い物をした場合にポイントの還元率が高いクレジットカードを発行しているお店を利用している場合は、特定のお店などで買い物をした場合にポイントの還元率が高いクレジットカードをサブカードとして利用すればよりお得になります。

逆に、特定のお店などで買い物をした場合にポイントの還元率が高いクレジットカードをメインカードとして利用している場合は、特定のお店以外でのカードの利用ではポイントの還元率は普通のクレジットカード並みに下がってしまう場合が多いので、カードの利用すべてでポイントの還元率の高いクレジットカードをサブカードとして利用すればよりお得になります。

「キャッシュバックタイプ」をメインカードとして利用している場合のサブカードの選び方なのですが、「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードはカードの利用金額によりキャッシュバック率が上がっていくので、カードを利用すれば利用するほどお得になるのですが、「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードは、カードの利用金額3〜5万円の場合は10%、5〜10万円の場合は20%というような感じでキャッシュバック率が決まるので、カードの利用金額が50001円でも99999円でもキャッシュバック率は同じなので、カードの利用金額が5万円を超えたけど10万円以上はカードを利用しない場合は、カードの利用金額が5万円を超えたら、あとは違うカードを利用してポイントを貯めたほうがお得だと思うのですが、クレジットカードの利用情報は利用するお店によってカードの利用金額に反映される期間が早いお店と遅いお店があるので、自分ではカードの利用金額が5万円を超えたので、あとは違うカードを利用してポイントを貯めようと思って違うカードを利用していたら、実際には「キャッシュバックタイプ」のクレジットカードの利用金額が5万円以下でキャッシュバック率が1ランク下がっていたという事になりかねないので、「キャッシュバックタイプ」をメインカードとして利用している場合は、1枚のカードを利用し続けるほうがいいと思うのですが、公共料金や携帯電話やプロバイダーの料金などの毎月決まった支払いの場合は、カードの利用情報が反映される期間は同じなので、毎月の決まった支払い金額がキャッシュバック率のきりのいい金額の場合は、その他のカードの利用をポイントの還元率の高いクレジットカードにすればカードの利用に無駄が出ません。

毎月の決まった支払い金額がキャッシュバック率のきりのいい金額に少し足りない場合は、コンビニでのカードの利用はカードの利用金額に反映される期間が早いのでコンビニでのカードの利用で調整するといいと思います。

■付帯海外旅行保険を利用するためのサブカード

メインカードとして利用しているカードに海外旅行保険が付いていない場合は、海外旅行保険の付いたクレジットカードをサブカードとして持っていれば海外旅行保険が利用できますし、クレジットカードの海外旅行保険は死亡・重度障害以外の保険金は各カードごとに貰えるのが一般的なので、海外旅行保険の付いたクレジットカードをサブカードとして何枚も持っていればより多くの保険金が貰えます。

ちなみに、死亡・重度障害の場合の保険金は、金額の1番高いカードのものが支払われます。

海外旅行によく行く人で、海外旅行保険を充実させたい人は年会費がかかっても海外旅行保険の充実したカードをサブカードに選べばいいと思いますが、多くの人は年会費無料で海外旅行保険の付いているカードをサブカードとして利用すればいいと思います。

クレジットカードの付帯海外保険の詳しい情報は
「付帯海外旅行保険の比較」を見てみてください。

■国際ブランドを追加のするためのサブカード

国際ブランドを追加のするためのサブカードとは、メインカードとして利用しているカードが「JCB」の場合は「VISA」か「MasterCard」の国際ブランドの付いたカード、メインカードとして利用してるカードが「VISA」か「MasterCard」の場合は「JCB」の国際ブランドの付いたカードをもう1枚サブカードとして持っているといいと思います。

特に海外旅行に行く人でメインカードをJCBを利用している人は、海外では「VISA」か「MasterCard」がしか使えないということもあるので、「VISA」か「MasterCard」をサブカードとして持っていたほうがいいと思います。

メインカードでJCBを利用していて、海外旅行の時に「VISA」か「MasterCard」の付いたカードをサブカードとして利用する場合には、カードの利用で貯まったポイントを交換できる最低ポイント数が低くポイントを交換しやすいカードを選んだほうがいいと思います。

海外旅行の時だけに使うサブカードでも、海外旅行の時にカードを使って貯まったポイントを無駄にするのはもったいないですからね(o^^o)

楽天やYahoo!ショッピングなどは利用している人も多いと思うので、「楽天カード」は50ポイントからポイントを利用でき海外旅行保険も付いていますし、「Yahoo! JAPANカード」は1ポイントからポイントを利用できるので、「VISA」か「MasterCard」の付いたサブカードにオススメです。

■付帯サービスでサブカードを選ぶ

利用したい付帯サービスによってサブカードを選ぶという考えもあるのですが、クレジットカードを持っていることで利用できる付帯サービスはいろいろあるのですが、年会費のかかるクレジットカードの付帯サービスを利用したいために年会費のかかるクレジットカードを選ぶ場合は、せめて年会費を払っても得するくらいの付帯サービスが利用できるのならいいのですが、そうでない場合は、年会費無料のクレジットカードの中から利用したい付帯サービスのあるカードをサブカードとして選ぶといいと思います。

利用したい付帯サービスによってサブカードを選ぶというよりも選んだカードの付帯サービスを利用するというほうがいいと思います。

クレジットカードを持っていることで利用できる付帯サービスはいろいろあるのですが、飲食店で割引になったりクーポン券が貰えるサービス、レンタカーや引越し料金が割り引きになるサービスがお得だと思います。

飲食店で割引になったりクーポン券が貰えるサービスは、他の付帯サービスよりも利用頻度が多いと思いますし、飲食店のクーポン券というと「ぐるなび」を利用すればいいと思うかもしれませんが、「ぐるなび」とクレジットカードの付帯サービスで飲食店で割引になったりクーポン券が貰えるサービスが利用できるお店は重なっていない場合も多いので、「ぐるなび」とクレジットカードの付帯サービスで飲食店で割引になったりクーポン券が貰えるサービスを両方利用するとさらにお得になると思います。

飲食店で割引になったりクーポン券が貰えるサービス→JCBカードの「JCBグルメ Walker」、UFJカードや二コスカードの「WEB優待ガイド」、UFJカードやアプラスカードの「ClassA」、NTTグループカードやP−Oneカードの「プログラムN」など。

レンタカーや引越し料金が割り引きなるサービスは利用頻度は少ないと思うのですが、1回の利用による金額が大きく割引率が高いので結構お得だと思いますし、ほとんどのクレジットカードに付帯サービスとして付いています。

各クレジットカードごとに個別の付帯サービスを説明していますが、一般的なクレジットカードの付帯サービスの一覧は
「一般的なクレジットカードの比較」にまとめて紹介しています。

サブカードの選び方としていろいろ説明しましたが、サブカードを選ぶ時に1番重要なことは、年会費無料のクレジットカードの中からサブカードを選ぶことだと思います。

年会費無料のクレジットカードは何枚持っていても年会費がかからないので、ネットショッピング用のクレジットカード、海外旅行保険用のクレジットカード、クーポン券や飲食店の割引用のクレジットカードと用途別にクレジットカードを何枚持っていても年会費がかからないのでサブカードには年会費無料のクレジットカードを選ぶようにしたほうがお得です。

メインカードとサブカードを上手に使い分けてお得にクレジットカードを利用しましょう。

以上のようなサブカードの選び方を覚えておいて、自分に合ったクレジットカード選びましょう(^-^)/


お得なクレジットカードの選び方>はじめに>




SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO