お得なクレジットカードの選び方
〜ポイント・マイルで得をする〜

■プロバイダ料金で得をするクレジットカードの比較
毎月支払いのあるプロバイダー料金をクレジットカードで支払うようにすれば、口座引き落としよりもポイントが付く分お得なのですが、プロバイダー料金をクレジットカードで支払うことでどの程度お得なのか比較してみました。

プロバイダー料金で得をするクレジットカードの比較として、毎月のプロバイダーの料金が3000円の場合、4000円の場合、5000円の場合で、毎月のクレジットカードの利用金額が3万円の場合と5万円の場合で比較してみました。

プロバイダーの料金をクレジットカードで支払ってもそんなにお得ではないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

DCカードの「DCキャッシュバックサービス」の「プロバイダーコース」はキャッシュバック率が高くて一般的なクレジットカードで支払うよリかなりお得です(^-^)/

毎月のプロバイダー料金、カードの利用金額などを入力すれば、これらのクレジットカードを利用した場合に、1年間でどれくらいお得になるか簡単にわかるので、自分の場合で得する金額を調べてみることをオススメします。


お得なクレジットカードの選び方>携帯料金・プロバイダー料金>





プロバイダー料金で得をするクレジットカードの比較
毎月のクレジットカードの利用が合計3万円の場合
カード名 プロバイダー料金
3000円
プロバイダー料金
4000円
プロバイダー料金
5000円
DCカード 7200円
キャッシュバック
9600円
キャッシュバック
9600円
キャッシュバック
@nifty常時安全カード 3960円分のポイント 4080円分のポイント 4200円分のポイント
SonyCard 3600円
(1800円分割引+
1800円分のポイント)
4200円
(2400円分割引+
1800円分のポイント)
4800円
(3000円分割引+
1800円分のポイント)
一般的な
クレジットカード
1800円分のポイント 1800円分のポイント 1800円分のポイント
毎月のクレジットカードの利用が合計5万円の場合
カード名 プロバイダー料金
3000円
プロバイダー料金
4000円
プロバイダー料金
5000円
DCカード 10800円
キャッシュバック
13200円
キャッシュバック
13200円
キャッシュバック
@nifty常時安全カード 6360円分のポイント 6480円分のポイント 6600円分のポイント
SonyCard 4800円
(1800円分割引+3000円分のポイント)
5400円
(2400円分割引+3000円分のポイント)
6000円
(3000円分割引+3000円分のポイント)
一般的な
クレジットカード
3000円分のポイント 3000円分のポイント 3000円分のポイント
プロバイダー料金で得をするクレジットカードではDCカードが圧倒的にお得になっています(^-^)/

DCカードはキャッシュバック率が高いのですが、キャッシュバックの対象になるプロバイダーにYahoo!BBが入っていないのが残念ですが、「@nifty」、「BIGLOBE」、「DION」、「ぷらら」、「So-net」などは対象になっているので、これらのプロバイダーを利用している人は、DCカードを利用すれば一般的なクレジットカードよりもかなりお得です。

@nifty常時安全カードと Sony Cardはあまりお得ではないように感じますが、@nifty常時安全カードは通常のカードの利用でも100円の利用で1円分の@niftyポイントが付くのでポイントの還元率は1%になりますし、Sony Cardは通常のカードの利用では、0.5%分のポイントしか還元されませんが、eLIO加盟店の利用では1%、ソニーグループのeLIO加盟店では1.5%のポイントが付きますし、電子マネーEdyも利用できますし、どちらのカードも年会費が無料なので一般的なクレジットカードを利用するよりはお得です。





■1年間で得をする金額の簡単計算表
■DCカード
1ヶ月のプロバイダーの支払い料金
1ヶ月のカード利用金額
■@nifty常時安全カード
1ヶ月のプロバイダー料金
毎月のプロバイダー料金以外の1ヶ月のカード利用金額
■Sony Cardカード
1ヶ月のSo-netの基本料金
1ヶ月のカード利用金額
*@nifty常時安全カードは、毎月のプロバイダー料金以外の1ヶ月のカード利用金額を入力するところに気をつけてください。
毎月のカードの利用金額を入力すると、上の表の金額より大きくなってしまいます。





SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO